たるみ改善治療 HIFU(ハイフ)のご紹介

0

    JUGEMテーマ:美容

     

    こんにちは、看護師Aです。

    当院に通院されている方も、そうでない方も、当院のブログをお読み頂きありがとうございます。
    患者様から、『ブログ見ました!』とお声かけいただくと、とても嬉しいです♪

    今回のスタッフブログは、たるみ改善治療 HIFU(ハイフ)のご紹介です。

    HIFU(ハイフ)とは、「High intensity focused ultrasound」の略で、日本語では「高密度焦点式超音波」という意味になります。


    簡単に説明しますと…
    高密度の超音波を皮膚に照射することでシワやたるみを改善する治療法です。
    従来のレーザーや光などを使った治療よりも、皮膚深部へのアプローチが可能です。
    レーザーや光などは、皮膚の引き締めの効果はありますが、たるみを改善するほどの深い層にはとどきません。
    HIFU(ハイフ)は、たるみの原因である肌の奥のSMAS層(筋膜層)や皮下組織に熱を与え、筋肉の再活性化やコラーゲンの生成を促します。
    直後よりも更に1〜2ヶ月後に、よりたるみが改善するのが特徴です。 


    時々『エステでハイフを受けたけどあまり効果が分からなかった』と仰る方がいらっしゃいますが、エステサロンで行っているHIFU(ハイフ)とクリニックでは、使用する機械が全く違います。
    エステサロンは『美容機器』で、クリニックは『医療機器』です。
    エステサロンのHIFU(ハイフ)は、クリニックのものより出力が弱いもので、クリニックと同等の物は使用してはいけない事になっていますし、作用する深さも違います。
    出力の強さや深さによって、効果の実感や持続期間に差が出ます。

               
     

    当院のHIFU(ハイフ)は、様々なメニューがありますので、お悩みやご予算に合わせてお選び頂けます。

    〈HIFUパーフェクトリフト〉
    2mm、3 mm、4.5mm、6mmと皮膚の様々な深さに重なるように照射することで、皮膚を奥から引き締めリフトアップします。目周りから顎下のフェイスラインまでトータルでたるみを改善させます

    〈HIFUスタンダードリフト〉
    3 mm、4.5mmの深さに重ねて照射し、頬のたるみやフェイスラインの緩みを改善させます。

    〈HIFUシャワー〉
    2mmの浅い層にシャワーのようにお顔全体に照射し、皮膚や毛穴の引き締め、肌質を改善させます。初期のたるみや、パーフェクトやスタンダードの後のメンテナンスにおすすめです。

    〈HIFUアイ〉
    目周りの小じわ、まぶたの緩みを改善させます。

    〈HIFUネック〉
    首に細かく照射し、首元のシワや緩みを改善させます。

    〈HIFU Vシェイプ〉
    4.5mmと6mmの深い層に照射し、顎下の二重顎の脂肪を溶かし、フェイスラインを引き締め、顎のラインをVラインに近づけます


    照射を開始する前に、お顔のどのあたりのたるみがどのように気になるのかを確認させていただき、お悩みやご希望に合わせたメニュー・方法で照射します。
    実際に照射をしている時間は、パーフェクトリフトの場合で約20〜30分程度です。(各メニューによって異なります)
    痛みの感じ方には個人差があり、ほとんど痛くないという方から頑張って痛みを乗り越える方もいらっしゃいますが、お痛みに合わせてパワーを調整していきます。


    HIFU(ハイフ)をお受けいただいた患者様からは・・・
    「周囲の人から顔が小さくなったと言われた!」
    「写真で見比べたら、ハイフ後はフェイスラインがスッキリしていて驚いた!」
    「注射や糸は怖いけど、ハイフなら続けられそう♪」

    など、お喜びの声をいただき、当院でもリピート率がかなり高い治療です。


    私達スタッフもHIFU(ハイフ)を受けていますが、20〜30歳代でもほうれい線が浅くなったり、口元のたるみや顔の輪郭がスッキリする効果を感じられます。

    照射してから約1ヶ月かけて、筋肉の再活性化やコラーゲンの生成が促されます。そのため、効果は直後よりも1ヶ月後の方がより現れます。大事なイベントのご予定がある場合は、1ヶ月くらい前にお受けいただくことをお勧めします。

     

    施術間隔の目安は、パーフェクトリフトとスタンダードとVシェイプの場合は4〜6ヶ月毎、アイとネックとシャワーは1〜2ヶ月毎です。
    皮膚表面上のダウンタイムはありませんが、1〜4週間程、照射した部位に筋肉痛のような違和感を感じることがあります。


    また、当院ではたるみ治療としてHIFU(ハイフ)の他に『ファームアップ』という近赤外線の光を利用した治療もあります。皮膚表面のハリや弾力をアップさせる効果が期待できます。

     

      


    HIFU(ハイフ)に比べて熱の深達度が浅いため、効果持続は短いのですが、直後にお顔がシュッとする引き締まりを感じられます。
    また、痛みやダウンタイムはほとんどないため、痛みに弱い方や初期のたるみの方がまず最初にたるみ治療として試されるのも良いと思います。
    多少の痛みがあってもお肌の奥からしっかり引き締めたい方には、断然HIFU(ハイフ)がおすすめです。


    たくさん色々と書きましたが、まとめますと…
    たるみがお悩みで、注射やメスを使う治療はしたくないけどお肌の奥からしっかり引き締めたい!とお考えの方に、HIFU(ハイフ)は良い治療です。
    たるみはお化粧品やマッサージで改善することは難しいため、ホームケアで頑張るよりクリニックで解決しましょう。


    気になられた方はぜひ一度、ご相談にいらしてください♪
    患者様一人一人に適した治療方法をご提案致します。

    看護師A

     

    ↓ご参考

    ☆ドクターブログ☆

    タイトル:たるみ治療 

     https://ameblo.jp/mami-hifuka/entry-12426250377.html?frm=theme

    タイトル:ウルトラフォーマー靴離札潺福

     https://ameblo.jp/mami-hifuka/entry-12450966615.html?frm=theme



    calendar

    S M T W T F S
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << July 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    search this site.

    others